初心者・未経験者がWeb業界でエンジニアになるために必要な3つの考え方

転職・フリーランス
スポンサーリンク

こんにちは!むらってぃー(@canon1ky)です。

 

未経験からWeb業界にエンジニアとして就職しようとすると、悩むのが必要な技術の量ですよね。

どれくらいの技術を身につければエンジニアになれるんだろう

といった感じで。

 

しかし、未経験からWeb業界でエンジニアになる場合には、どちらかというと技術よりも仕事や技術に対する考え方が重要だったりします。

 

今回は、未経験からWeb業界のエンジニアになるために必要な考え方を3つ紹介いたします。

この記事を読めば、ひたすら技術を学ぶよりも、よりエンジニアとしての就職を行いやすくなります。

 

そもそも未経験からだとどのくらい技術が必要なの?

いきなりですが、これ気になりますよね。

僕もエンジニアになる前は、どのくらいの技術があればエンジニアとしてやっていけるかが全く見えていませんでした。

 

僕の経験ベースで言うと、「最低限の機能が揃っている掲示板アプリを作れる」技術があれば、エンジニアにはなれます。(インターンとかだとここまで作れなくても採ってくれたりします)

下記のような機能です。

  • 記事の一覧機能・詳細機能・編集機能・削除機能
  • 会員登録、ログイン、ログアウト機能
  • メール送信機能

これ、早い人とかだとプログラミング勉強し始めて2ヶ月とか経たずに作れちゃったりするんですよ。

一覧画面とかも下記みたいな簡単な感じ。

これは僕が作った本の記録アプリです。

このくらいを実装できるスキルがあれば、未経験でもエンジニアになれたりします。

 

では、なぜそれでもエンジニアになれない人がいるのか。

 

それは、プロダクトを作ることや、エンジニアになるための考え方や姿勢が一つの原因としてあります。

 

未経験からエンジニアになるために必要な考え方

とにかく形にすることにこだわる

例えば上記のようなアプリを面接で見せたときに、

担当者
面接官

このアプリ編集機能が付いてないけど、必要だと思わなかったのですか?

実装はしていませんが、必要だと思ったので勉強はしてます

このように答えてしまうケースです。

 

技術が伴うので勉強をする必要がありますが、そんなことよりもとにかく手を動かして実装してみましょう

 

業務では実装をしてなんぼです。プロダクトを作るにしても、技術力をつけるにしても、とにかく手を動かすことが効率的であり、ゴールへの近道です。

 

ミルドラース(※1)を倒したいのに、いつまでもお稽古で剣を振り続けているだけでは勝てませんよね
それよりも実際にスライム(※2)や、キドラ(※3)を倒した方が経験値が溜まってレベルアップができ、ミルドラースを倒すことにより近づけるのです。

「ただ作るだけ」を卒業する

「エンジニアは技術が必要だから、とりあえずそれを証明できるものを作ればいいんでしょ?」
なんて考えてしまうかもしれません。

実は、Web業界のエンジニアは研究職ではなく、プロダクトを作る職人、いわばプロなんです。

 

「どういうこと?」と思った方。

 

もう少しわかりやすく説明すると、Web業界のエンジニアは「特定の挙動を起こすために技術を追求する」のではなく、「お客様に商品として使ってもらうためのプロダクトを作る」のです。

つまり、どうやったらユーザーがもっと使いやすいかとか、どうやったらより顧客の課題を解決できるかを考える必要があります。

 

そのため、ポートフォリオでWebアプリを作る際にも、「なぜこのWebアプリを作ったのか」「なぜこの機能をつけたのか」の動機が重要となります。

 

これらをどう解決すれば良いかというと、「どうやったらこのアプリの良いところを生かせるか」とか「どうやったらこのアプリをもっと使いやすくできるか」を意識することです。

変化に積極的になる

人間は変化を恐れる生き物です。居心地の良い環境であればなおさらですよね。

しかし、エンジニアの場合は変化を恐れてはいけません

 

ずっとPythonを使ってきたからといって、「この先もずっとPythonを使っていく」というわけにはいかないのです。

技術の移り変わりは早く、今使っている言語もすぐに使われなくなる可能性も大いにありますよね。

 

ですので、変化に積極的になりましょう。

開発していく中で、「この技術使ってみようかな」と思ったら、すぐに行動するのがベストです。

 

そうして新しい技術を学ぶことに積極的になることで、企業の面接等でも「この人はうちの技術を自らキャッチアップしてくれるな」と思ってもらうことができ、採用に近づけるのです。

 

※1…ドラゴンクエストV 天空の花嫁のラスボス(PS2)
※2…言わずとも知れた、ドラクエの超有名愛されモンスター
※3…古くからドラクエで活躍しているが、ちょっと影が薄い黄色い鳥

いち早くエンジニアになろう

未経験から、Web業界でエンジニアになるために必要な考え方を3つ紹介しました。

 

ある程度の技術を身につけたら、あとはエンジニアとして働いていればどんどん力はついていきます

最初の一歩としては、スタートアップやベンチャー企業に正社員として入社し、スピード感のある現場で広く技術を学ぶことをオススメします。

そうすることで、短期間で圧倒的な技術力や、エンジニアとしての土台を作ることができます

 

一度土台を作り上げてしまえば、あとは自分でどんどんスキルを磨いていくだけなので、フリーランスとしてもすぐに案件を取ることが可能となります。

 

また、転職を行う際にエージェントを使うと比較的負担が少なく、様々な企業と繋がることができます
中でもTech Starts Agentレバテックキャリアがオススメです。

これらはWeb業界やゲーム業界の中でもスタートアップ企業やベンチャー企業とのコネクションを多く持っています。

 

無料でカウンセリング等も受けられるので、自分のスキルでエンジニアになれるか不安な方は、是非カウンセリングだけでも行なっておくことをオススメします。

 

Tech Starts Agentを見てみる

レバテックキャリアを見てみる

考え方を身につけて、いち早くエンジニアになりましょう!

タイトルとURLをコピーしました