【Linux】MacでUbuntuのブートUSBを作成する方法

IT雑記
スポンサーリンク

こんにちは!むらってぃー(@canon1ky)です。

デュアルブート等でLinuxをPCにインストールする時に、必ず立ち上げたLinux上でインストールしますよね。
そのためには、Linuxを立ち上げるためのメディアであるブートUSB等が必要になります。

 

今回は、Linuxディストリビューションの1つであるUbuntuのブートUSBをMacで作成する方法を説明します。

 

この記事を読むと、WindowsPCやMacに刺すだけでUbuntuを起動することができる、ブートUSBを作ることができます。

やること

今回はUbuntu18.04LTSをインストールする前提で進めます。

手順は下記の通りです。

  1. Ubuntuのイメージファイルをダウンロード
  2. USBを用意する
  3. ブートUSB作成アプリを用意する
  4. ブートUSBを作成する

上記の4ステップです。やり方がわかってしまえばめちゃめちゃ簡単です。

 

ステップ1. Ubuntuのイメージファイルをダウンロード

Ubuntu18.04LTSを入れたいので、下記のページからisoファイルをダウンロードします。

Download Ubuntu Desktop | Download | Ubuntu
Ubuntu is an open source software operating system that runs from the desktop, to the cloud, to all your internet connected things.

ページに飛んだら、18.04LTS部分のDownloadボタンをクリック。

1.8GB程なので、大体5~10分くらいでダウンロードが終わります。

 

ステップ2: USBを用意する

次はブートUSBを作成するために、USBメモリを用意しておきましょう

 

USB1つを丸っとOS化させるので、普段使っているデータが入っているUSBは使用せず、普段使っていないものや新しくブートUSB用に購入することをオススメします。
ミスった場合に使えなくなってしまう可能性があるので…

 

Ubuntu18.04を入れる場合には、USBのメモリは4GBあれば十分です。僕は4GBのUSBメモリを使用して、問題なくブートUSBを作成することができました。

 

とは言っても、最近は32G超えのUSBでもめちゃめちゃ安く手に入れられるんですよね。
下記のUSBが中でもコスパが良く、ブートUSBを作るのに良い感じです。

↓キングストン 32GB 860円 Amazon’s Choice

Amazon | キングストン Kingston USBメモリ 32GB USB3.0 DataTraveler 100 G3 DT100G3/32GB 5年保証 | キングストンテクノロジー | USBメモリ・フラッシュドライブ 通販
キングストン Kingston USBメモリ 32GB USB3.0 DataTraveler 100 G3 DT100G3/32GB 5年保証がUSBメモリ・フラッシュドライブストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

↓Transcend 32GB 999円 Amazon’s Choice

Amazon | Transcend USBメモリ 32GB USB 3.1 スライド式 PS4動作確認済 TS32GJF790KBE 【Amazon.co.jp限定パッケージ】 | トランセンドジャパン | パソコン・周辺機器 通販
Transcend USBメモリ 32GB USB 3.1 スライド式 PS4動作確認済 TS32GJF790KBE 【Amazon.co.jp限定パッケージ】がパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

↓BUFFALO 8GB 724円 Amazon’s Choice

Amazon | BUFFALO【国内メーカー】 USBメモリ 8GB USB3.2(Gen1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0 充実サポート RUF3-K8GA-BK/N【Amazon.co.jp限定】 | バッファロー | パソコン・周辺機器 通販
BUFFALO【国内メーカー】 USBメモリ 8GB USB3.2(Gen1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0 充実サポート RUF3-K8GA-BK/N【Amazon.co.jp限定】がパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部...

ステップ3: ブートUSB作成用アプリを用意する

USBが用意できたら、次はブートUSBを作成するアプリを用意しましょう。

 

ddコマンドなどのLinuxコマンドを使ったり、ディスクユーティリティを使う方法がありますが、細かいことはやりたくないのでアプリに任せちゃいます

 

オープンソースであるEtcherをダウンロード。

balenaEtcher - Flash OS images to SD cards & USB drives
A cross-platform tool to flash OS images onto SD cards and USB drives safely and easily. Free and open source for makers around the world.

アプリを立ち上げると、下記のような画面になります。

黒い画面がシンプルで格好良いですね!

 

ステップ4: ブートUSBを作成する

Etcherをインストールし、立ち上げたら早速ブートUSBを作成していきましょう!
まず、ブートUSBにしたいUSBメモリをMacに刺します

 

次に立ち上げたEtcherの画面にあるSelect imageをクリック。
するとファイル選択画面が開くので、ダウンロードしたubuntu-18.04.desktop-amd64.isoを選択します。

 

最後に、Select driveで刺したUSBメモリを選択し、Flash!をクリック。
ブートUSBの作成が始まり、10分くらいで終了します。

 

はい、これでブートUSB完成です。めっちゃ簡単…

 

Etcherを使ったブートUSBの作り方

  1. isoイメージを選択
  2. USBメモリを選択
  3. ブートUSB作成!!

 

さいごに

今回はMacでブートUSBを作成する方法を紹介しました。

デュアルブートでLinuxを動かすには避けては通れない道です。

 

逆に、作業自体は単純でやり方を知ってしまえば非常に簡単にできます。

快適なLinuxライフを目指しましょう!

タイトルとURLをコピーしました