【Keychron V6】Mac US配列で使える!コスパ良しのBluetoothキーボード

こんにちは!むらってぃーです。

今ではOSとして学生から社会人まで多く使っているMacOS。
中では日本語配列ではなく、US配列を使っている方も多いでしょう。

そんなUS配列のキーボード、家電量販店に出向いてみると日本語配列のキーボードばかりで、なかなかしっくりくるものが見つけられないなんてことありませんか?

私は以前からUS配列用のキーボードを使っていたのですが、今回新しいものに買い替えたら非常に満足したので、そのキーボードを紹介します。

以前使っていたキーボード

下記記事で紹介していた、AZIOというメーカーのメカニカルキーボードです。
茶軸のキーで打ち心地が良いのと、色味が良かったので愛用していました。

【コスパ最強】Mac US配列の茶軸キーボードを手に入れた!!

しかしいくつか問題点がありました。

問題点

大まかには下記の2点です。

  • 有線接続なので、配線が少しごちゃっとする
  • リストレストがプラスチックなので、少し疲れる

テレワークもだいぶ慣れてきた時に、クラムシェルでMacを使って仕事するようになりました。

その際、配線周りをスッキリさせてデスクを綺麗にしたかったのですが、キーボードとMacを繋ぐ有線ケーブルがどうしても気になってしまい、いまいちしっくりくるようデスクを整えることができませんでした。
そのため、Bluetoothのキーボードに買い換えることを決意しました。

こんな感じで少し太めな配線が繋がっている

また、付属のリストレストがプラスチックだったので長時間使っていると手首がどうしても疲れてきます。
そのためシリコン製などのパッドに買い換えることにしました。

求めていた条件

上記の問題点とコストを踏まえて、下記の条件で考えました。

  • Bluetooth接続が使える
  • 1万5千円以下で買える
  • 白系のデスクに合うデザイン
  • US配列で使えて、コマンドキーがある

特に最後の「コマンドキーがある」というのは、普段コマンドキーをショートカットに頻繁に使用するという点で非常に重視していました。
時々windowsキーがコマンドキーの代わりに配置されているUS配列キーボードもあるのですが、なんか違うなと…

上記の条件で探していたところ、ちょうど良いのを見つけました。

Keychron V6 メカニカルキーボード

辿り着いたキーボードはKeychron V6 メカニカルキーボードという製品です。

Amazonだと、Amazon’s Choiceにもなっています。

実際に撮った写真はこちら。
黒ベースのシンプルなデザインです。

値段は?

14590円です。
無事予算以下で収まりました。

有名なHHKBやRealForceに比べると1万円以上安いのではないでしょうか。

特徴は?

大まかに列挙すると下記の点です。

  • Bluetoothで使える
  • MacのUS配列対応で、コマンドキーが存在する
  • Windowsでも使える
  • Type-Cケーブルを使えば充電できる
  • 青軸のキーでカチカチした打ち心地が良い
  • オシャレでバリエーション豊富なバックライトが点灯する

色々ありますが、コマンドキーが使えるのが本当にありがたいです。

また、以前は茶軸のキーボードを使っていたのですが、もう少しメカニカルなカチカチした打ち心地が欲しかったので、青軸である点も大変ありがたかったです。

デメリット

強いてあげるとすれば、2点ほど。

  • Zoomを使っていると、ごく稀にBluetoothが繋がらなくなる
  • バッククオートを入力する際、f1キーを入力しながらescキーを入力する必要がある

Zoomを使っていてごく稀にBluetoothに繋がらなくなる件は、Zoomを切ると復活するため、もしかしたら使っているMacBook側の問題かもしれません。

個人的にデメリットを大きく感じたのは、バッククオートを入力する際、f1キーを入力しながらescキーを入力する必要があることです。
コードを書いているとバッククオートを入力するシーンはよくあるのですが、その時に1つのキーで入力ではなく、2つのキーを押さないと入力できないのが少し大変です。

総合的な感想

買って良かったです。大満足です。

デメリットは何点かありましたが、やはりコマンドキーを搭載していて値段もそこまで高くない、そして青軸のキーという点が非常に嬉しいです。

やはり打ち心地が良いと、コードを書くのが楽しくなりますね。

設置した様子

リストレストやトラックパッドと合わせてこんな感じにしました。

リストレストは、NPETというブランドのリストレストを使用しています。

以前よりだいぶ楽に作業ができるようになりました。

ちなみに手元を照らす照明もポイントで、こちらにまとめています。

テレワークでも活躍!デスクライトはSwitchBotスマート電球がおすすめ

最後に

今回は、MacのUS配列で使用できるBluetoothキーボードを紹介しました。

家電量販店で良いのが見つけられなかったり、キーボードの買い替えで悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。