新しい働き方!フリーランスエージェントMidworksの魅力とは?

転職・フリーランス
スポンサーリンク

こんにちは!むらってぃー(@canon1ky)です。

フリーランスエージェントの1つであるMidworks

実は、Midworksには他のフリーランスエージェントにはない魅力があるんです。

 

正直どのフリーランスエージェントを使ったら良いか迷うことってありますよね。

今回はそんな方のためにMidworksの魅力を紹介します!

 

Midworksってどんなエージェント

さて、まずはじめにMidworksがざっくりどんなエージェントであるかを紹介したいと思います。

Midworksは、

「フリーランス」「正社員」の良いところを取った、新しい働き方を提案するエージェント

です。

他にも レバテック や ギークスジョブ などがありますが、それらのエージェントとは異なった雰囲気を醸し出していますね。

Midworksを見てみる

 

Midworksの魅力

Midworksのざっくりしたテーマがわかったところで、魅力の詳細を紹介します。

仕事が切れても大丈夫!?給与保証つき!

Midworksでは、もし仕事が切れてしまった場合でも、エンジニアのスキルがスキル査定と合えば、想定給与の80%を受け取ることができます。

つまり、「仕事がなくなったから稼げない…」という心配が他社のエージェントではついてきますが、Midworksではスキルさえあればそのような心配はなくなるのです。

フリーランスにとっての1つのリスクである「仕事がなくなる」という部分での心配事が減ることは、非常に嬉しいポイントですね!

 

低マージン・クライアント単価公開

エージェントを使う上では、企業からいただく報酬からの一定のマージンがエージェントに引かれるといったことが必ず起こります。

これは全体の報酬に対して、エージェントがエンジニアを企業に紹介した報酬として差し引かれる仕組みになっており、ここで差し引かれるマージンの割合を「マージン率」と言います。

 

マージン率を公開していない場合だと、結構取られてしまうケースがあり、多くて40%ほど取られてしまったりする場合もあります。

全体の報酬が100万円だとすると、エージェントに40万円抜かれるイメージです。

 

しかし、Midworksではマージン率を公開しており、一律20%と固定されています。

さらに各種保証パッケージの追加で、マージン率実質10%〜15%となり、他社に比べて低いマージン率を実現しています。

 

また、Midworksではクライアント単価を公開しており、エンジニアが企業から全体でいくらの報酬をもらっているかをマージン込みの値段で確認することができます。

お金の巡回に目を通せるのは、信頼性を考えて非常に安心ですよね。

 

話題の会社や上流工程の会社もあり、スキルアップに繋がりやすい

Midworksでは、Web系の会社の案件が多く揃っています。

それに加えて最新技術を使った会社や、上流工程の会社の案件も取り扱っており、エンジニアの伸ばしたいスキルやキャリアに合わせた柔軟な対応を行っていただけるため、目的に合わせたスキルアップに繋がりやすいです。

技術を売っていくフリーランスエンジニアにとって、さらなる技術の向上を測ることができるのは非常に嬉しいことですよね。

 

Midworksはこんな人にオススメ

転職・独立を考えるエンジニア

エンジニアとして生きていく中で、転職や独立を考える機会は誰しも必ず通る道です。

しかし、転職先を探したときに「他の会社でやっていけるのか」といった不安があることや、独立するときに「自分の技術で稼いでいけるのか」といった不安がついてくることもあったりしますよね?

Midworksでは上流工程なども含めた豊富な種類の案件を扱っているため、それらの不安を抱えた方にも非常に安心して使っていただけます。

どうしても不安であれば、まずは無料でMidworksのカウンセリングを受けてみることをオススメします!

 

より良い案件を探すフリーランスエンジニア

フリーランスで案件を受ける中で、「次の案件を探す」といったステップは必ずやってきますよね。

そんなときにWeb系の会社の案件から、最新技術を使った案件などを扱っているMidworksでは、より良い案件を探しやすいのです。

さらに低マージン率を実現しているため、報酬単価もアップするかもしれません!

 

Midworksに向かない人

在宅やフルリモートを希望する人

Midworksでは週3〜の常駐案件を非常に多く扱っています。

そんな中でフルリモートの案件もあるのですが、かなり数が絞られてくる状態となっています。

そのため、リモートの案件を探したい方は条件によってという形になるため、リモート案件は探しにくい状態となっています。

逆に、「現場で他のエンジニアと関わりながら知見をため、スキルアップを測りたい」という常駐案件を探している人には非常に向いています

 

エンジニア未経験の方

エンジニア未経験の方には、案内できる案件が非常に限られてしまうといった状態です。

というのもMidworksに限った話ではなく、そもそもエンジニアとして未経験の人に報酬を約束できる企業が少ない状態にあります。

技術でお金を稼ぐ以上、どうしても経験というものは必要になってくるんですね…

なお、エンジニア未経験の方はオンラインプログラミングスクールで制作物実績を作り、スキルをつけることで案件を獲得しやすくなります。

 

関東エリア以外の案件を探している方

Midworksでは関東エリアを中心に案件を紹介しています。

そのため、関東エリア以外の案件を探している人は、案件が紹介がほぼ受けられない状態となっています。

 

さいごに: 条件に合ったエージェントを使いましょう

本記事ではMidworksの魅力を紹介してきました。

給与保証が受けられるなどの様々な魅力があり、非常にオススメのエージェントとなっております。

Midworksを見てみる

Midworksを使うことで受けられる様々なメリットがありますが、その一方でMidworksに向いていない場合もあります。

もし条件に沿わない場合は他のエージェントを探してみることをオススメします。

 

また、自分の希望でMidworksで良い案件を探せるかどうかわからない方は登録後に無料でカウンセリングを受けることができるので、とりあえずカウンセリングで相談してみることをオススメします!

 

目的に合わせたエージェントを使い、素敵なフリーランスライフを実現させましょう!

タイトルとURLをコピーしました