平凡な大学生だった僕がWeb系ベンチャーを辞め、起業をした訳

起業
スポンサーリンク

こんにちは。むらってぃー(@canon1ky)です!

 

今回は僕が大学時代にCEOと出会い、新卒を経て起業をした話をまとめようと思います。

 

〜現在〜

起業をし5ヶ月が経ちました!

 

会社を辞めて1ヶ月後に週3日、合計週15時間の常駐案件を獲得し、新卒時代と同じくらいの収入を生活費・勉強の自己投資金として得ながら、自社でCTOをやっています。

 

自社では2週間前くらいに半年ほど進めていた受託開発の案件を終え、自社サービスの企画・マーケティング・開発しながらビジネスと格闘しています!

 

 

〜大学生時代は起業なんて1ミリも考えていなかった〜

大学4年生の冬、当時居酒屋で一緒にバイトをしていた1つ歳上の先輩と一緒にスノボに行きました。

 

ただなんとなく、「スノボ行こう!」と誘われてついて行ったツアーの途中、現地に向かうバスの中でこんな感じの話をしました。

 

先輩「今プログラミングの勉強をしてるんだよね」

 

僕「え、そうなんですか?」

 

先輩「そうそう。どうしても作りたいサービスがあって!」

 

僕「お、アイデア浮かんでるなんてすごいですね!結構順調なんですか?」

 

先輩「まだ勉強中でなかなかうまく行ってなくて… むらってぃーってプログラミングできるじゃん?最初ってどんな勉強からしたらいいの?」

 

僕「最初はですね〜….」

 

〜プログラミングの話をする〜

 

僕「ところでどんなサービスを作りたいんですか?」

 

先輩「本をweb上で繋がった人と貸し借りできるサービスを作りたいんだよね!」

 

 

そんな感じで、先輩の作りたいサービスの話を聞きました。

 

聞いているうちに、先輩のサービスへの思いと、アツい気持ちが驚くくらい僕の心に刺さって、いつの間にか

 

一緒にサービス作って世の中に広めたい!

 

という思いが強くなっていました。

 

僕「もしよかったら、開発だけでも相談にいつでも乗りますよ!」

 

 

数日後、その先輩に晩御飯に誘っていただいた日のこと、

 

先輩「色々考えたんだけど、むらってぃーに開発を手伝って欲しい。俺が企画めっちゃ考えるから、力を貸して欲しい」

 

と。

 

 

その瞬間に、僕の心の中にあった何かが外れ、即答で

 

「やらせてください!!!」

 

と答え、バイト先の先輩とサービスを作っていくことを決めました。

 

 

この出会いが、僕が起業の道に進んだ原点です。

 

 

〜新卒でWeb系ベンチャーに入社〜

入社して刺激を浴びまくる

先輩とサービスを作りながらも、僕はWeb系ベンチャーに入社しました。

 

周りには京大や東大出身の同期が何人もいて、入社初日から刺激を浴びまくりです…笑

中には10年以上ゲームを作り続けている同期もいました…

 

そんな中で、なんとか同期よりもプロダクトに力を発揮したいと、家でも猛勉強をする日々が始まりました。

(当初の僕はどうしても人に勝ちたいと思う傾向がありました)

 

研修期間にも自分や課題と向き合い苦戦し、数日後には研修を終え、サーバーサイドエンジニアとしてスタートを切ることに!

 

半年後にメインサーバエンジニアを任されるも、バグ改修の日々

入社後には新規サービスのサーバサイドエンジニアに就任させていただき、メンターのエンジニアの方に指導を受けながら、開発していました。

 

約半年後にサービスを無事リリースでき、その後別プロジェクトに異動をし、メインのサーバサイドエンジニアとして就任されました。

 

しかし、大元のコードにバグが大量に潜んでおり、「ログインできない」や「データが消えてる」などのお問い合わせが大量に来る日々が続き、ひたすらバグ改修に追われる日々に…

 

1番やりたかったサービスに時間を割くために退職を決断

時間と改修に追われる怒涛の日々が続き、時には土日出社や2週間休日が取れない時もありました。

 

そんな中、自分のスキルも頭打ちになり、「目の前のバグを改修したり、ただコードを書くだけ」の日々が続いていました。

 

何より週5日働くとどうしても、先輩と作りたいサービスに時間を割くことが難しく、時間の作り方に悩んでいた自分がいました。

 

しかし新卒で入社した会社をすぐに辞めるにはかなりのプレッシャーがあり、ここから辞職をするかどうかで約半年ほど悩み続けます。

 

そして悩み続けていた僕にある日、先輩(現CEO)は

 

「めっちゃ稼いで六本木の森タワーにオフィス立てようぜ!!!」

 

と言いました。

 

ここでまた僕の心のフックが外れたんですね…笑

 

そんなわけで辞職を決断し、上司に相談した約3ヶ月後の5月、会社を辞職して起業をしました。

 

今ではあの時1歩踏み出していなかったら、ずっとこの道は選ばなかった気がします。

 

 

成功に向けて

色々苦戦中ですが、とにかく良いサービスをユーザーに届けて、大きい会社を作ります!!

 

暖かい目で見守っていただけると嬉しいです。

 

 

CEOの紹介

Youtuberとしても活動を始めている弊社CEO k-tasの動画です!

 

動画からもアツいキャラクターが伝わってくるので是非視聴してみてください!

 

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
タイトルとURLをコピーしました